料金の請求

過払い金返還請求の現在

過払い金とは、債務者が貸金業者に返しすぎたお金のことで、最近ではグレーゾーン金利の過払い金がよく問題になっています。利息制限法では、借り入れ金額ごとに金利の上限(15%〜20%)が定められていますが、改正前の出資法では上限が29.2%と定められており、多くの貸金業者では出資法上の上限を適用していました。この利息制限法の上限と出資法の上限の間の金利をグレーゾーン金利と呼びます。 以前は、過払い金があると、貸金業者に任意で返還請求することができました。しかし近年では、貸金業者の経営状況が悪化し、個人の交渉では返還に応じてもらえなかったり、かなり不利な和解条件を提示されることが増えています。 現在では、弁護士を雇ったり、過払い金返還訴訟をしなければ、満額を返してもらえることができないということが増えてきています。

過払い金返還サービス

過払い金返還サービスというのは、いくつかの法律事務所がやっています。法曹家がやることによって、相手が話し合いに応じる可能性が高くなるからです。 過払い金返還請求というのは、弁護士、司法書士なんかに依頼するのです。依頼するのにはお金がかかります。いくらの返還請求をするときにいくら、というよりは、最低でもいくらなどの料金形態になります。つまりは、僅かな金額の過払い金返還請求では、損をすることもあるわけです。そのことを過払い金では注意していないといけないのです。はっきりいって、僅かな金額であれば、しないほうがよいです。もちろん、自分でやるならば別です。 しかし、それが難しいから法律家に依頼するわけです。