離婚時の慰謝料

不貞行為による離婚協議の慰謝料

配偶者の不貞行為による離婚協議の家庭で、慰謝料を請求することが可能です。 民法に特別な規定は設けられていませんが、配偶者による契約違反である不貞行為によって受けた精神的な苦痛を金銭によって保証する民法独自のシステムで歴史ある方法です。 このような方法によって離婚の慰謝料を請求することが認められてきました。現在では、配偶者の支払い能力と不貞行為の期間によって異なってくるものですが、現在のところ一般的に300万円を配偶者と不倫相手に請求することが認められています。離婚協議の家庭で慰謝料請求を行いますが、不貞行為の確固たる証拠があれば離婚協議の慰謝料請求がスムーズに行いやすくなることから、探偵に証拠集めを依頼するケースが増えています。

離婚の慰謝料についてのこと

離婚の慰謝料というのは、相場がありますから、ほぼその通りになります。余程、条件をつけない限りは相場通りに決まってしまうものです。大抵、浮気で200万円から300万円です。相手の収入次第で決まることではないので、余程のことがない限りはその程度です。 ちなみに浮気相手にも請求することができます。逆を言えば、浮気相手からも請求されるわけですから、それこそ、500万円前後の慰謝料を抱えることになります。 こうしたことは昔からあるのですが、特に女性が浮気をした側の場合、子供の親権を譲る事を条件に慰謝料の減額や免除での離婚もできます。男性ではほぼそうした離婚はできないです。慰謝料は女性が男性からもらう物、と思って離婚をしようとする女性がいますが、これは勘違いです。