控除の変化

控除の改正が進められている

近年、相続に関する動きが活発化しています。 従来まで相続に関する相続税は、道義的に支払わなくても良いと判断できるようなものまで支払わされていました。 そもそも、人が無くなったにも関わらず遺産があるからという理由だけでお金を徴収するのは道義に反しています。 そのため、相続に関してはこれまでも道義的に反すると判断されるものに関しては控除が適用されていたのです。 例えば、生命保険の相続税に関しては典型です。 人が亡くなった時には保険会社からお金を貰うことができますが、相続税に関する規定ではこのお金に対して控除を受けることが出来ます。 一定金額は必ず支払わなくても良くなっているのです。 こうした控除に関する法改正が年々進められている傾向にあります。

非課税のものは意外と多い

亡くなった人の遺産を継承した段階で税金を支払わなくてはいけない義務が生じます。 しかし、亡くなる方が非課税のものに遺産を変換していた場合にはこの限りではありません。 相続では、何もかも全てのものに税金がかかるわけではないということに注意をしなくてはいけないのです。 実際、相続税がかからないものの典型としては葬式などにかかる費用はそれに関する物品があります。 これは、実は法の抜け穴として利用することも可能なのです。 生前、財産を持っている人が生前葬として持っている財産を葬式に利用する物品に変えてしまうのです。 法律的には葬式に利用する物品はそれが金でできていたとしても税金を科すことができません。 そのため、税金がかからないのです。 非課税対象を利用すれば、このような方法が利用できます。

おすすめ記事

会社の設立

株式会社を新しく設立しようと考えた時は、いくつかの手続きや費用が必要になります。法律が改正されたので、会社設立が容易になっているのですが作業を効率的に進めるために税理士事務所などに依頼することが大切です。

 Read More

料金の請求

債務者が支払い過ぎた金額を取り戻すことができるとして注目されている過払い金の請求ですが、グレーゾーン金利が撤廃されたことによって過払い金を請求することが容易になっています。

 Read More

離婚時の慰謝料

配偶者が不貞行為に及んだ時は、離婚し慰謝料の請求をすることが可能になっています。不貞行為に関する情報を集めるために探偵事務所に依頼するケースが増えています。ただし、慰謝料の請求にはある程度の相場があるので気をつけましょう。

 Read More

TOPICS

調停のメリット

離婚がなかなか進まずにストレスを感じている人は多いのですが、離婚調停を行なうことでスムーズに離婚を進めることが可能です。そのため、離婚できないもやもやに悩まされること無くストレスを軽減させることができます。

 Read More

合同会社とは

合同会社を設立する人が増えているのですが、合同会社を設立する時は基本的なルールをしっかりと把握しなければいけません。設立に必要なことを学ぶことが大切です。株式会社との違いを把握することも大切です。

 Read More